お問い合わせ

学部・学科

子ども教育学部の特色

実践力を育む充実の実習
3年次から本格的な実習がスタート。また4年次には、1年間かけて実施する「長期フィールド実習」を用意※。トータル180時間の実習で子どもたちの成長をより深く学べます。 ※希望者のみ実施
徹底した公務員試験対策
1・2年次には「基礎力養成講座Ⅰ・Ⅱ」、3年次には「公務員試験対策講座」、4年次には「保育専門試験対策講座」を実施。面接対策にも力を入れています。
経験豊富な教員と恵まれた学修環境
園長経験のある教員など、経験豊富な教員が保育者に必要な知識や技能をていねいに指導します。また、3つの付属幼稚園をもち、実践的な学びの場を提供しています。

みずから考え行動し、子どもとともに成長し続ける人へ。

人間としての魅力

学びを追求する力

保育者としての基礎力

人間としての魅力

女性として、いかに生きるか
「現代女性として、いかに生きるべきか」というテーマに向き合います。他者に対する共感力、女性をめぐる多様な課題への洞察力を身につけながら、社会に貢献できる、品格ある女性をめざします。
教育の本質を問う姿勢
本学の「子ども教育」の理念を理解し、子どもを育てることの使命と責任を意識しながら、つねに教育の本質を問い続ける姿勢を持ちます。
人間としての魅力

学びを追求する力

自律的な学習力
つねに課題を探求し続ける姿勢を持ち、早期から自分を律し、自分で考え、自分で行動する力を養成します。
実践的な学習力
「体験」こそすべての学びの原点です。この基本に立ち返り、多くの実習から問題点や見落としていた点などにあらためて「気づく」力を獲得します。
学びを追求する力

保育者としての基礎力

コミュニケーション能力
保育者である前に、まず人間としての豊かな自己表現力や対人関係力を磨きます。これらの力を基礎として保育現場での共感力、コミュニケーション能力に発展させていきます。
家庭・地域支援力
今、「子育て」の問題は、保育現場だけではなく、広く日本社会の大きな課題でもあります。保護者や家族、家庭を見つめ、地域において孤立しがちな子育て家庭への支援力を育成します。
創造的表現力
保育者として、豊かな感性と表現力を磨き、その力を教育保育現場での実践力に展開できる力を身につけます。
保育者としての基礎力
保育者としての基礎力02

ページの先頭へ

ページの先頭へ