お問い合わせ

学部・学科

先輩からのメッセージ

4年間の学生生活に用意された、豊富な実習授業を通じて、多様化するこれからの保育を支えていきたい。

友冨 鮎佳
子ども教育学科(4年)
愛知・豊橋西高等学校 出身

多様な園での
豊富な体験や出会いが、
揺るぎないキャリアの
ベースになります。

木原 佑香子

専門性を身につけ、
自信を持った保育者へ。

幼稚園の園長

小原 幹代
岡崎女子短期大学付属 
嫩(ふたば)幼稚園 園長

専門性を身につけ、自信を持った保育者へ。

幼児期は、人間性を培う大切な時期。ですから幼児教育は保育のための環境や教育学、心理学など多様な分野について学ぶ必要があります。また、昨今では保護者とのコミュニケーションも重要になっています。このような多くの知識やスキルを身につけるため、自主性をもって教養科目と専門科目をバランスよく修得し、さらには実習を通じて現場での心構えや姿勢を学ばなければなりません。ぜひ学生のみなさんには2年次からはじまる付属幼稚園での実習と実習指導などを通じて、自分の自信となる保育の専門テーマを見つけてほしいと思います。4年間を終えたとき、豊かな専門性と現場での判断力を身につけたプロの保育者として保育現場へ羽ばたいていけることでしょう。

追究したいテーマが
見つかった、見学実習。

学生

木原 佑香子
子ども教育学科(3年) 
愛知・大府高等学校 出身

追究したいテーマが見つかった、見学実習。

小原園長がおっしゃる「専門性」について、私は嫩幼稚園での実習を通じて「障がいについてもっと知りたい」という思いが芽生えました。実習でお世話になった年長クラスには障がいを持つ子どもが在籍していました。その友達にクラスの仲間は自然と寄り添い、運動会のリレーの練習でも付き添いながら走ったり、走る順番を自分たちで話し合ったり。もちろん、保育者も障がいを持つ子ども一人ひとりに適した支援をされていました。症状の表れ方は子どもによって異なり、そのためそれぞれ得手不得手が違います。それはまさに、個性。子どもたちの豊かな個性を受け止められる保育者になるため、4年間というゆとりのある学生生活の中で、障がいについても学んでいきたいと思います。

ページの先頭へ

ページの先頭へ