お問い合わせ

最新情報

後期授業開始にあたって

岡崎女子大学 学生の皆さんへ

 新型コロナウイルスの猛威は私たちの生活に大きな影響を与えています。
 本学では、学生の皆さんの健康と安全を最優先に考え、前期は、遠隔授業、分散登校、対面授業、そして再びの遠隔授業と変更を余儀なくされたところですが、このような慣れない学修環境の中、様々な制限を受けながら学修に取り組んできてくれた学生の皆さんには、心から敬意を表すると同時に感謝申し上げます。

 10月からの本格的な後期授業につきましては、すでにOWポータル等でお知らせした通り、学籍番号の奇数・偶数に分けての分散登校を行い、対面授業と遠隔授業を交互に実施する方式を取ることと致しました。
 この方式につきましては、アンケート調査などを通じて、様々な声が寄せられています。私も、教員と皆さんが直(じか)に接する対面授業や学友とともに送る学生生活には、大学生活の中でかけがえのない価値があることは十分承知しており、このような方式を取ることには、様々な逡巡がありました。
 しかしながら、学生の皆さんとご家族の方々の健康と安全を第一に考えたうえで、遠隔授業であっても様々な工夫により学修の質を保証し、また、ともに学ぶクラス全員が集まる機会を確保する可能性を探りつつ、この方式で実施してまいりますので、どうかご理解いただきますようお願いします。

 多くの学生の皆さんは、卒業後、保育園・幼稚園などの教育現場や、一般企業・病院など社会の最前線に立ち、しっかりと自分自身の役割を果たすことが期待されています。どうか、望んでいた学生生活と健康・安全を守るという二つの大きな命題の間でバランスを取ることを、今学んでほしいと思います。できないことの理由を探すのは簡単ですが、今の制限の多い状況の中でできることを、友達や家族と一緒に探してみてください。

 また、コロナ禍にあって、一部では感染者やその家族への差別など心ない出来事もあるやに聞いていますが、岡崎女子大学の学生の皆さんは、他者への共感と思いやりを忘れずに、自らを律し、行動する力があるものと心より信じています。

令和2年9月23日

岡崎女子大学
学長 林陽子

一覧へもどる

ページの先頭へ

ページの先頭へ