お問い合わせ

進路・就職

キャリアサポート

4年間という時間が、あなたのこころと夢をより豊かに育ててくれます。

岡崎女子大学では1年次から就職対策をスタートし、4年間という時間をかけ、
「オカジョスピリッツ」ともいうべき、保育者としての確かな「こころ」をかたちづくっていきます。
プログラムは、段階的に目標への距離を縮めていくとともに、
保育者としての専門能力、教養を高めていくことができるよう配慮されています。

※岡崎女子大学は、2013年4月開学のため、卒業生は輩出しておりません。

就職サポートプログラム

  • 1年次
  • 2年次
  • 3年次
  • 4年次

学生同士の学び合いで、内定へ近づく。

学生同士の学び合いで、内定へ近づく。

就職に向けて力を蓄える場は、教員や外部講師による講座ばかりではありません。空き時間や授業後には、学生同士が自主的に教え合い、知識・技術を高め合っています。同じ夢を持つ仲間と支え合うことで、志はより高くなり、保育者への道のりは充実したものになります。

職業観を熟成させるための、ゆとりある4年間。

岡崎女子大学は学生たちに対して、4年間というゆとりのある時間を有効に活用し、自分の職業観を熟成させ、地域の保育現場でリーダーシップを発揮できる人材に育ってほしいと願っています。そのために、「ライフデザイン講座」を導入。卒業後も含めた長期的な視点でキャリアプランを考える機会を提供しています。さらに、岡崎女子短期大学において保育者養成に50年以上携わってきた実績を生かし、学生たちに数多くのボランティア活動や実習の機会を提供。学生たちは自らの職業観が実現できる環境を見つけ、最良の進路決定につなげるためのきっかけとしています。

職業観を熟成させるための、ゆとりある4年間。

教員と職員、両者による「ダブル面談」。
保育に関する専門的なアドバイスは教員、過去のデータに基づく具体的な試験対策のアドバイスは職員、両者がタッグを組み、学生たちの就職活動をサポートしています。
学生の自主活動もサポートする「進路支援課」。
面接対策や履歴書添削などの他に、「ライフデザイン講座」や「内定者による就活セミナー」などを企画。学生たちのキャリア形成を力強く後押しするスタッフが常駐しています。

講座紹介

講座紹介

社会人としての品格講座
学部の教育理念にある「品格ある女性」をめざし、茶道や着付け、フラワーアレンジメントに取り組みます。また、夢を実現するための体験講座「すてきな保育者になるために」では、現役の幼稚園教諭から手遊びやゲームなど実技を学び、実践力を高めます。
内定者による就活セミナー
就職(公務員・私立園など)内定者から就職活動体験談を聞ける貴重な機会。各自治体の公務員試験の対策や、私立園での実際の採用試験の様子を知ることで就職活動への態勢を整えます。
メイクアップ講座
外部から専門家を招き、就職活動で好印象を与える上品で清潔感のあるメイクを学びます。
キャリアカウンセラーによる人間力UP講座
素敵な第一印象を与え、コミュニケーションを円滑にするための笑顔や発声、所作などを学内キャリアカウンセラーから学びます。
基礎力養成講座I
公務員試験の出題範囲に準じた基礎学力を、個々の実力に応じた個別指導で養います。特に、すべての科目の土台になる国語・数学の復習に力点を置きます。
基礎力養成講座II
基礎力養成講座Iで培った学びの得意不得意を確認し、公務員試験で得点を取るポイントに重点を置きながら弱点分野の強化をめざします。

サービス検定講座:美しい所作は、確かな信頼につながると思います。

松原 美希
松原 美希
子ども教育学科(3年)
愛知・光ヶ丘女子高等学校 出身

サービス検定講座

「サービス接遇検定対策講座」を担当するのは、キャリアカウンセラーの先生です。先生から「おはようございます」と声を掛けられると、私はなんだか気持ちがピシっと引き締まります。「これがサービスのプロの立ち居振る舞いなんだ」と、憧れと感動を覚え、試験本番では先生になりきって臨みました。その成果が実り、準1級に無事合格。さらに優秀賞をいただくこともできました。この講座で習得した正しい敬語やマナー、美しい所作を保育の現場でも実践し、保護者の方や目上の先輩たちとの友好な関係づくりに活かしたいと思います。

社会人としての品格講座:豊かな情操を育み、より美しい女性へ。

寺田 優希
寺田 優希
子ども教育学科(3年)
愛知・安城南高等学校 出身

社会人としての品格講座

「人としての成長を重視する」という岡崎女子大学の考え方に共鳴し、入学した私にとって「社会人としての品格講座」は大変興味深いものでした。この講座では茶道や着付け、フラワーアレンジメントなど、日本女性としての品格を磨き、身につけることが目的です。茶道では「お先に」という心得の深さに触れ、他人を思う心づかいを日常に取り入れることが「真の美しさ」だと学びました。正しい姿勢を保つこと、公の場で大声を出さないことなど、どれも当たり前のマナーですが、同時に実践することの難しさも学びました。女性らしさを意識し内面を磨き、つねに子どもたちのお手本となる品格ある大人をめざします。

ページの先頭へ

ページの先頭へ